logo 山羊座の魂


山羊座の魂 ●テクニカラー・タイムマシーン
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
●モンキーランドへようこそ
 -Welcome To Monkeyland, I'm The King Of Monkeyland-
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
●僕たちのSummer Days
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
●DANCING QUEEN
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
●想い出は止まらない
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
●いとしのルネ
 (Michael Brown/Bob Calilli/Tony Sansome
 訳詞 加藤ひさし/編曲 伊藤銀次)

●彼女にヒプノタイズ
 (作詞 サエキけんぞう・伊藤銀次/作曲・編曲 伊藤銀次)
●山羊座の魂
 (作曲・編曲 伊藤銀次)
●Sha la la
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
●普通の男
 (作詞 高橋 研/作曲・編曲 伊藤銀次)
●ロックはつらいね
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
●Raintown 2099
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
●いとしのジョニー・マー
 (作詞・作曲・編曲 伊藤銀次)
山羊座の魂
90.5.23
東芝EMI / TOCT-8352

■PRODUCER : 伊藤銀次
■ENGINEER : Tony Harris

前作に続きボーカル・ダビングなどレコーディングの一部とミックス・ダウンをロンドンで行った。基本的な方法論、方向性は前作から継承されており、一部の曲には成熟した表現も見られるものの、全体としては引き続きまとまりに欠ける面白味のない作品となった。尚、この作品は銀次が東芝EMIからリリースした最後のアルバムであり、その後3年以上に及ぶブランクに入ることになる。

「彼女にヒプノタイズ」ではサエキけんぞうを作詞に起用しているが、サエキの毒のある面白味を生かしきっていない。また高橋研が手がけた「普通の男」は無反省かつ情緒過多な歌詞で最悪。尚、このアルバムでは60年代後半アメリカのバロック・ロックのグループ、レフト・バンクの「いとしのルネ」をカバー、この訳詞はザ・コレクターズの加藤ひさしが手がけており、ザ・コレクターズ自身もミニ・アルバム「愛ある世界」で同じカバーを披露している。これら以外の作詞は銀次自身が担当。

泉谷しげるのバックで知られるルーザー(村上秀一、吉田建、下山淳、ホッピー神山)が「Raintown 2099」でバッキングを担当した他、ホッピー神山はこれ以外の数曲でもキーボードで参加、またザ・コレクターズの古市コータローが「モンキーランドへようこそ」と「ロックはつらいね」でギターを担当した。

「僕達のSummer Days」「DANCING QUEEN」「想い出は止まらない」「Sha La La」などは銀次のナチュラルなスタンスをうまく表現に昇華していただけに、その他の曲での必要以上に深刻ぶったアティチュードやコミカルさをねらった表現が表層的に流れたのは惜しまれる。

このアルバムでは元ザ・スミスのジョニー・マーがセッションに参加するという情報があったが、結局実現せず、その想いがラストの「いとしのジョニー・マー」に現れている。


[ prev | discography | next ]



Copyright Reserved
1998-2001 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com