▲top

  筆者プロフィール
my profile
  silverboy club presents


■ 名前 西上典之(にしがみ・のりゆき)
■ 性別
■ 血液型 O型
■ 身長 170cm
■ 体重 55kg
■ 趣味 フットボール観戦
■ 特技 ポケット・ティシューの裏の宣伝の紙片を抜くこと
■ 好きな食べ物 生ガキ、ビフカツ
■ 嫌いな食べ物 酢豚
■ 好きな映画監督 スタンリー・キューブリック
■ 好きな映画 「未来世紀ブラジル」
テリー・ギリアム
■ 好きなアーティスト アズテック・カメラ
■ 好きなアルバム 「FLOWER」
ミュート・ビート
■ 好きなシングル 「さよならなんて云えないよ」
小沢健二
■ 好きな作家 J.G.バラード
■ 好きな小説 「ジャズ・カントリー」
ナット・ヘントフ
■ 好きなフットボールクラブ SV Waldhof Mannheim
Borussia M'gladbach
FC東京
■ 好きなフットボール選手 オリヴァー・ノイヴィル
宮沢正史
■ 愛読誌 「ロッキング・オン」
■ 愛読紙 「エル・ゴラッソ」
■ 好きなスポーツ 水泳
■ 嫌いなスポーツ ゴルフ、テニス、スキー
バイオグラフィ

●1965年10月1日、大阪市に生まれる。大阪市内で小学3年生まで育つが、親がマイホームを購入したため奈良県下のベッドタウンに引っ越し、高校卒業までを奈良県内で過ごす。勉強はそこそこできるが運動神経と根性と愛想に欠ける可愛げのない子供であったと言われる。

●高校では水泳部と文芸部をかけもちする一方生徒会活動にも参加、副会長を1期務める。音楽活動にも実力を発揮、文化祭のテーマソングを作詞作曲した他、友人と「硫酸バンド」と名乗るフォークデュオを結成し文化祭でS&Gなどを歌う。

●1984年4月、大学入学に伴い京都市内で一人暮らしを始める。大学ではサークル活動もせず、レコード店員、旅館の布団敷き、家庭教師、塾講師などのアルバイトをしながらおもにロックを聴いて毎日を過ごす。

●司法試験受験を名目に1年留年するが論文試験で不合格となり、1988年夏、ある銀行に就職を決める。

●1989年4月入社、1カ月の研修の後、神戸市内の支店に配属され尼崎市内の独身寮から通う。仕事ののみこみは悪くないが可愛げと覇気のない新入社員としてここで2年半を過ごす。赤のユーノス・ロードスターを購入。

●1年間のドイツ語研修を命じられ、1992年1月ドイツへ旅立つ。語学学校の休暇、週末等を利用してヨーロッパを旅行する。マンハイム、デュッセルドルフ、フランクフルトに住む。

●1993年1月帰国。大阪市内の支店勤務となり、そこで2年を過ごす。93年11月結婚。大阪市内に居住。

●1995年1月、ドイツ勤務を命じられ、泣く泣くロードスターを売って再び旅立つ。デュッセルドルフに住む。それまでまったく経験のなかった為替ディーラーをすることになりうろたえる。BMW318iを購入。

●1996年7月、ドイツで長男生まれる。

●1997年1月、ウェブサイト「Silverboy Club」開設。

●2000年6月、ドイツで次男生まれる。

●2000年8月、グラードバッハの年間チケットホルダーになる。

●2002年4月、帰国の辞令を受け都内の営業拠点勤務となる。7年間のつき合いだった318iとの別れに涙する。初めての東京住まいに戸惑う。中古のマツダ・デミオを購入。

●2003年3月、FC東京の年間チケットホルダーになる。

●2004年4月、転勤で本部勤務となる。仕事の流儀が分からずおろおろする。

●2011年4月、横浜市内の営業拠点に転勤。都内から東横線で毎日横浜まで通う。

●2012年7月、マツダ・デミオを新型に買い替える。

●2012年10月、再び本部勤務に出戻る。

●2015年7月、グループ会社勤務になる。言われた仕事はそこそこやるが今イチ責任感の欠如した管理職として現在に至る。




Copyright Reserved
1997-2016 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com