logo 私を構成する9枚


2016年に「#私を構成する9枚」というタグがツイッターやインスタグラムで流行ったときに乗っかって僕も選んでみた。その時にはラインアップだけをツイートして、それぞれのアルバムには短評を付しただけだったので、この2020年の新型コロナウィルス対応の外出自粛環境の中、もうちょっとまともなレビューを付けようと思う。

「私を構成する」という以上、単に「好きなアルバム」「オールタイム・ベスト」というだけでなく、そこから強い影響を受け、その後の音楽の聴き方とか何ならものの考え方を一部なりとも決定づけたアルバムという観点から選んだので、必然的に10代から20代に聴いた作品が中心になっている。

したがって、このレビューもアルバムそのものの評論というよりは、僕自身がそのアルバムをどう聴いたかというストーリーみたいなものだと思ってもらった方がいいかもしれない。9枚に絞りきれず、洋楽編、邦楽編に分けて掲載したが、まずは洋楽から行こう。



LIVE!
Bob Marley And The Wailers

Island
1975

■ Trenchtown Rock
■ Burnin' And Lootin'
■ Them Belly Full (But We Hungry)
■ Lively Up Yurself
■ No Woman No Cry
■ I Shot The Sheriff
■ Get Up, Stand Up
僕は高校を卒業するまでほぼずっと邦楽を聴いていて、洋楽のアルバムは一枚たりとも持っていなかった。別に毛嫌いしていた訳ではなく、何から聴けばいいのかさっぱり見当がつかなかっただけのことなのだが、大学に入ってレコード屋でアルバイトを始め、そこで先輩にいろいろな音楽を教えてもらい、店にあるレコードを客の少ない平日に店内で流したりして、自分の中でロックの「見取り図」みたいなものができあがって行ったのだ。

その中にレゲエ好きの先輩が一人いて、彼が「買うんやったらこれやで」と推してくれたのがこのアルバムであり、素直だった僕は「分かりました」くらいの勢いで買った。初めて買った洋楽のアルバムだ。最初にこれを聴いたことで受け入れることのできる音楽の範囲は確実に広がったと思う。実際、この後に本格的なレゲエのアルバムは買ってないのだが、これがなければスペシャルズもミュート・ビートも耳に入らなかったかもしれない。

ここにあるのは抵抗の音楽であり異議申立のステートメントである。言葉とメロディとビートの組み合わせが、人の心を打ち、動かし、いても立ってもいられなくさせる、その切実さ、その代えの利かなさがこのアルバムを特別なものにしている。ロックというものがどこから来たか、その一端を明らかにする歴史的な作品だ。とりわけ『No Woman No Cry』が始まるときの湧き上がるような喝采には鳥肌が立つ。字義通りの意味でのゴスペル。



Copyright Reserved
2020 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com