logo 2019年7・8月の買い物




ANIMA
Thom Yorke
★★★

XL (2019)
XL987CD

■ Traffic
■ Last I Heard (...He Was Circling Thr Drain)
■ Twist
■ Dawn Chorus
■ I Am A Very Rude Person
■ Not The News
■ The Axe
■ Impossible Knots
■ Runwayaway
かつてトム・ヨークに追いかけられる夢を見たことがある。家族でクルマに乗って逃げるのだが、どこまで行ってもトム・ヨークが追いかけてくるのだ。いったい何を意味していたのか今でも分からないが、とにかく追いかけてくるトム・ヨークの不気味さがハンパなくてマジ怖かった。何かそういう種類の、夢見の悪い粘着系の息苦しさみたいなものが彼の音楽にはある。密室的というか閉鎖的というか、基本的にクローズドな表現である。

ぼ〜っと聴いていると結構ただの電子音であり、最近こういうの多いよねとか区別つかないよねというのが一般的な評価だと思うんだけど、それが曲としてひとつの有機体を形成すると、そこに確かに出来不出来とか、作り手との共時性とかが生まれてくる。同種のものの集積の中から、間違いなくトム・ヨークの作品として見つけ出すことのできる記名性を帯びてくる。トム・ヨークがそれを意図したのか忌避したのかは実際分からないが。

あまたの電子音楽の中でもそうやって「よくできたもの」と「そうでないもの」が分画して行く瞬間が面白い。ただ、この人の才能のあり方というのはすごく正しくて、音楽もまたすごく正しい。この「正しい」というモメントがロック表現において必要なものなのかというのが僕にとっては長い間の疑問。こういう音楽があっていいのは分かるし、評価されるのも分かるが、入口を見つけるのが難しい音楽であることは確か。人を選ぶ音楽。




HELP US STRANGER
The Raconteurs


Third Man (2019)
OTCD-6764

■ Bored And Razed
■ Help Me Stranger
■ Only Child
■ Don't Bother Me
■ Shine The Light On Me
■ Somedays (I Don't Feel Like Trying)
■ Hey Gyp (Dig The Slowness)
■ Sunday Driver
■ Now That You're Gone
■ Live A Lie
■ What's Yours Is Mine
■ Thoughts And Prayers




THIS IS NOT A SAFE PLACE
Ride


Wichita (2019)
WEBB570CD

■ R.I.D.E.
■ Future Love
■ Repetition
■ Kill Switch
■ Clouds Of Saint Marie
■ Eternal Recurrence
■ Fifteen Minutes
■ Jump Jet
■ Dial Up
■ End Game
■ Shadows Behind The Sun
■ In This Room



Copyright Reserved
2019 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com