logo 2017年11・12月の買い物




COLORS
Beck
★★★★

Capitol (2017)
00602557176797

■ Colors
■ Seventh Heaven
■ I'm So Free
■ Dear Life
■ No Distraction
■ Dreams
■ Wow
■ Up All Night
■ Square One
■ Fix Me
僕の中ではベック無謬伝説というのがあって、この人の作品はいつでも「現代において誠実にポップ・ミュージックと向き合おうとするとこうなりますよね」的なものを実にまっすぐ放ってくる。真面目で才能のある人だと思う。童顔だし。ただそうはいっても作品ごとに見ればいろいろ試行錯誤もしている。そして今作はどうしちゃったんだというくらいアッパーでポップ。もう冒頭から特急電車みたいに飛ばしまくっているのが微笑ましい。

過去の名作と言われるロック・アルバム、ポップ・アルバムと比肩し得るものを作ろうという意気込みのおかげで、本作の制作には年単位の時間がかかったという。それだけ緻密に、隙なく作り上げられた作品が、しかしこれ以上ないくらいアゲアゲのパリピ的にも聴くことのできるものになったのは示唆的だ。それはつまり本作にブチこまれた彼の時間とか熱量がすごくオープンに放射されて、その結果「普遍」に近づいているということだ。

もちろんそれは単に耳触りのいい、分かりやすくて調子のいい曲を作ればいいということではない。名作と呼ばれるアルバムは、一聴すればどれも恐ろしく簡潔で平易なのに、いざそれに近づこうとするとそれは途端に迷宮のような難事業になるとベックは語っている。本当にリスナーの深いところを強く打ち、刻印のようにずっと残って行く種類の平易さというのは、結局のところ表現の本質をどれだけ端的に示せるかということなのだろう。




ADIÓS SEÑOR PUSSYCAT
Michael Head & The Red Elastic Band


Violette (2017)
VIO-025-CD

■ Picasso
■ Overjoyed
■ Picklock
■ Winter Turns To Spring
■ Working Family
■ 4 & 4 Still Makes 8
■ Queen Of All Saints
■ Josephine
■ Lavender Way
■ Rumer
■ Wild Mountain Thyme
■ What's The Difference
■ Adios Amigo




SCREAM ABOVE THE SOUNDS
Stereophonics


Parlophone (2017)
0190295767983

■ Caught By The Wind
■ Taken A Tumble
■ What's All The Fuss About?
■ Geronimo
■ All In One Night
■ Chances Are
■ Before Anyone Knew Our Name
■ Would You Believe?
■ Cryin' In Your Beer
■ Boy On A Bike
■ Elevators



Copyright Reserved
2017 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com