logo 全曲バージョン解説23(221-)


[221] あつさのせい
アルバム「Blood Moon」初回限定盤の特典として配布されたボーナス・トラック。パッケージに同梱されたカードにダウンロード用のパスワードが記載されており、専用サイトからダウンロードする仕組。大滝詠一のカバーでオリジナルは1972年リリースのアルバム「大瀧詠一」に収録されている。作詞・作曲も大滝詠一。佐野が自作以外のカバー曲を公式にリリースするのは初めてであり、2013年末に亡くなった大滝への追悼と見るべきもの。

アレンジは原曲に忠実で、軽快で乾いたロックンロールに仕上がっている。アグレッシヴなギターのリフが曲をドライブし、間奏やアウトロで挿入されるマンドリンが意表を突く。原曲を尊重することで大滝に対する佐野の率直な敬意を表現しながら、パフォーマンス自体はまぎれもない「佐野の作品」に昇華されており、カバーとしての完成度は高い。大滝の遺志を継ぐ者のひとりとして、その業績の最良の部分を伝えようとする名演である。
[104] Blood Moon
●アルバム ●オリジナル
●2015.7.22発売 ●DaisyMusic ●POCE-9390
●曲順:13 ●バージョン:(A)
●表記:あつさのせい
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。アルバムのボーナス・トラックとしてダウンロードで配布された。


[222] 新しい雨
軽快な16ビートに乗せたポップ・ソング。手数の多い小松シゲルのドラムが楽天的に曲をドライブし、中音を巧みに使った聴かせるリードギターは藤田顕か深沼元昭か。「つぶされそうな毎日」「デタラメに散らかったこの世界」の中で、それでも「誰が文句を言っても気にしない」「行きたい場所は自分で決めるさ」と前を向く肯定性は佐野の原点だが、長い年月を経てその認識は経験に裏打ちされ、直接性と説得力は大きく更新されている。

ギターの音がしっかり聞こえるパワー・ポップ・チューンで、バンドによる「チュルル」というコーラスも楽しい。「オレの世代/君の世代」という対比、今ここにあるものを見つめながら先に進もうとする視線、君がさっきから待っているのは乾ききった世界への恵みの雨なのか。それはきっと生を肯定するための手がかりであり、その新しいスタンダードを示そうとする試みが、これほど屈託なくポップな曲に結実したことが素晴らしい。
[105] 或る秋の日
●シングル ●オリジナル
●2016.11.11発売 ●DaisyMusic ●DMANP-012
●曲順:1 ●バージョン:(A)
●表記:新しい雨
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。


[223] 或る秋の日
EPのタイトル・ソング。シンプルなミドル・テンポの8ビートで、ピアノとアコースティック・ギターの音色が心地いいし、抑え気味に鳴らされるハモンドも効いている。ラブ・ソングだが、佐野のコメントにある通り「発情したボーイ・ミーツ・ガールの恋愛ソングではない」。ある時愛し合い、一度は別れた男女が、時を経て再びめぐり会いまた恋に落ちるという「別れても好きな人」的なストーリー。落ち着いた曲調が情感を添えている。

淡々とした描写を積み重ねる手法や声を張り上げることのないボーカルなどは『詩人の恋』や『新世界の夜』を思わせる。こうした曲作りは佐野の音楽表現の成長、成熟を感じさせるものだ。丁寧にひとつひとつのシーンを歌うことで、その奥にある感情、去来する思いを生き生きと聴き手の中に呼び起こす。それは予め聴き手の中にあったものだが、そこに「呼応」する何か、それが表現のマジックなのだと思う。リスナー冥利に尽きる作品。
[105] 或る秋の日
●シングル ●オリジナル
●2016.11.11発売 ●DaisyMusic ●DMANP-012
●曲順:2 ●バージョン:(A)
●表記:或る秋の日
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。


[224] 私の人生
フィル・スペクターのウォール・オブ・サウンドを思わせる、深いリバーブの効いたミドル・テンポのフォーク・ロック。2015年4月にキャノンマーケティングジャパンが商品プロモーションのためYouTubeで公開したWebドラマ「遠まわりしようよ、と少年が言った。」の主題歌として提供されたもので、1年半を経て音源化された。「このEPのための新しいミックス」との佐野のコメントがある。渡辺シュンスケのピアノがドラマチックな曲。

愛は使い捨ての記号であり空回りの理想、運命は後でつけた理屈でありただの暇な憂鬱、だれも愛や運命のことなんて分かっていないけれど、それでも続いて行くありふれた日々の人生を「愛すべき」ものだと佐野は歌う。なぜならそれは他ならぬ私の、私自身の代えの効かない人生だからであり、どのようなものであれ、それがそうあること自体が祝福されているからだ。肯定することの力は何よりも強い。意志の力を信じてきた佐野の達成。
[105] 或る秋の日
●シングル ●オリジナル
●2016.11.11発売 ●DaisyMusic ●DMANP-012
●曲順:3 ●バージョン:(A)
●表記:私の人生
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。



Copyright Reserved
2015-2016 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com