logo 全曲バージョン解説17(161-170)


[161] 最後の1ピース
ハネた16ビートのファンク・ロック・チューン。印象的な山本拓のサックスで始まり、軽快なビートが時にシンコペーションの効いたキメのブレイクを伴いながらグルーヴして行く。ホーボー・キング・バンドの高い演奏能力、表現能力が佐野の楽曲と噛み合って、直線的なロックンロールとは異なった深みを見せるアルバムの特徴をよく表している。当時佐野が好んで聴いていたフィッシュなどのジャム・バンドの影響を強く感じさせる曲だ。

アルバムに収録のバージョンは4分弱に編集されているが、後に6分強のコンプリート・バージョンがリリースされており、この曲のクロスオーバー的な重層性をよりはっきりと聴くことができる。自らに言い聞かせるように「オレは強くなりつつある」と歌う歌詞には、この時期以降頻出する「残酷」というキーワードが使われ、ジャズ・トランペッターであるチェット・ベイカーの名前も登場する。事実上アルバムのみ収録だが完成度は高い。
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:2 ●バージョン:(A)
●表記:最後の1ピース
●英文名:At the end of the world
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。
[76] THE SUN STUDIO EDITION
●アルバム ●コンピレーション
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3802
●曲順:1 ●バージョン:(B)
●表記:最後の1ピース
●英文名:記載なし
●バージョン名:complete version

アルバム収録にあたって編集される前のロング・バージョン。
[77] THE SUN LIVE AT NHK HALL
●アルバム ●ライブ
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3803
●曲順:2 ●バージョン:(C)
●表記:最後の1ピース
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

2005年2月20日、東京・NHKホールで行われた「THE SUN TOUR」最終日のライブ。


[162] 恵みの雨
佐野には珍しくイントロなしでいきなり始まる。ルーズでダルなミドル・テンポの16ビートでグルーヴするブルース・ロック・チューン。重くうねるように曲を先導しながらもよく歌う井上のベースが特徴的。間奏では山本のサックス・ソロが泥臭いリードを聴かせ、そこに佐橋のギターが絡む構成。kyOnの鳴らすクラビネットの音色は70年代を意識したものか。イントロのついたオリジナルが後にリリースされ、曲の全貌が明らかになった。

「絶え間ないビートのすき間にすべりこみ」という歌詞はかつての『N.Y.C.1983-1984』の「16ビートのすき間にもぐりこもうとする電気的なカンガルー達」を思い起こさせる。「やるせない日々の孤独」の上に降り注ぐ優しい雨に濡れ、「答えはまだなくていい」「我が道を行け」と寄り添う。「この毎日の人生」と締めくくられるこの曲は、また「シャララ」の楽天性の系譜に連なる作品でもある。佐野の世界への視線を感じさせる佳曲。
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:3 ●バージョン:(A)
●表記:恵みの雨
●英文名:Gentle Rain
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。
[76] THE SUN STUDIO EDITION
●アルバム ●コンピレーション
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3802
●曲順:2 ●バージョン:(B)
●表記:恵みの雨
●英文名:記載なし
●バージョン名:complete version

アルバム・収録にあたって編集される前のロング・バージョン。
[77] THE SUN LIVE AT NHK HALL
●アルバム ●ライブ
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3803
●曲順:4 ●バージョン:(C)
●表記:恵みの雨
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

2005年2月20日、東京・NHKホールで行われた「THE SUN TOUR」最終日のライブ。
[91] SOUND & VISION 1980-2010
●アルバム ●コンピレーション
●2012.5.16発売 ●Sony Music Direct ●DYCL 1821-5
●曲順:69(5-5) ●バージョン:(A)
●表記:恵みの雨
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。


[163] 希望
アコースティック・ギターのイントロで始まるミドル・テンポのフォーク・ロック・ナンバー。大サビのない淡々としたメロディを繰り返して行く構成で、大仰なソロなどは聴かれず、ドラムのフィルインすらもほとんどない。ハネたリズムの曲が多いアルバムの中では最も地味な曲と言ってもいいだろう。しかし、その地味さにも関わらずライブではしばしば演奏されており、最近の曲の中では比較的認知度の高いもののひとつかもしれない。

「墓参りの準備で/街の市場に立ち寄った」といった歌詞に見られるように、郊外にマイホームを買い平凡で愛すべき家庭を築いた男の視線で歌われる、かなり異色な曲。「ありふれた日々/ありふれたブルー」というラインは後の『虹をつかむ人』を示唆しているようでもある。日は昇り、日は沈み、夢の続きから始めてみたくなる晴れた日のこと。この曲に敢えて「希望」というタイトルをつけた佐野の胸に去来したのは何か。重要な曲だ。
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:4 ●バージョン:(A)
●表記:希望
●英文名:Hope
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。
[77] THE SUN LIVE AT NHK HALL
●アルバム ●ライブ
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3803
●曲順:6 ●バージョン:(B)
●表記:希望
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

2005年2月20日、東京・NHKホールで行われた「THE SUN TOUR」最終日のライブ。
[91] SOUND & VISION 1980-2010
●アルバム ●コンピレーション
●2012.5.16発売 ●Sony Music Direct ●DYCL 1821-5
●曲順:68(5-4) ●バージョン:(A)
●表記:希望
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。


[164] 地図のない旅
アコースティック・ギターの力強いストロークから始まるハネた16ビートのストレートなカントリー・ロック・ナンバー。アコースティック・ギターとピアノのシンプルなアンサンブルでグルーヴを生み出す。この曲のダウン・トゥ・ジ・アースなキャラクターを決定づけるスライドはアコースティック・ギターをボトルネック奏法で鳴らしたものか。ストレートなアレンジだが確かな技量の裏づけがあって初めて説得力を持つ難易度の高い曲。

この曲名は、レーベルの移籍をはさんで長期に亘ったアルバムのレコーディング・ドキュメンタリーを吉原聖洋がまとめた書籍のタイトルにもなった。この時期から頻出するようになる「残酷」という言葉が『最後の1ピース』と並んでここでも使われている。嘆きの境界線や、ひとりぼっちの永遠をさまよい、さすらう君の魂への鎮魂歌だが、リフレインではささやくように繰り返される「強く」のフレーズが耳に残る。硬質なメッセージだ。
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:5 ●バージョン:(A)
●表記:地図のない旅
●英文名:Trail
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。
[77] THE SUN LIVE AT NHK HALL
●アルバム ●ライブ
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3803
●曲順:8 ●バージョン:(B)
●表記:地図のない旅
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

2005年2月20日、東京・NHKホールで行われた「THE SUN TOUR」最終日のライブ。


[165] 観覧車の夜
日本を代表するラテン・ベーシストである高橋ゲタ夫をアレンジに迎え、オルケスタ・デル・ソルのメンバーらによって演奏されたラテン・ナンバー(HKBからは佐橋佳幸のみギターで参加)。ブラス・セクションが大きくフィーチャーされており、本格的なサルサ・アレンジになっている。際立った特徴のある曲で、アルバムには4分弱に編集されたバージョンが収録されているが、5分半の編集前のロング・バージョンもリリースされている。

どこか呪術的で禍々しい雰囲気を秘めたAメロから、霧が晴れたように視界の開けるサビへと大きく展開するダイナミックな構成が曲調と呼応して強い印象を残す。英文タイトルが「Joy and Fear(悦びと不安)」なのも示唆的で、この曲の持つ二面性が意識されているかのようだ。夜空に黒々とそびえる観覧車のイメージは幻想的。プロのラテン・ミュージシャンによるアレンジ、演奏が余すところなく楽しめるロング・バージョンで聴きたい。
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:6 ●バージョン:(A)
●表記:観覧車の夜
●英文名:Joy and Fear
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。
[76] THE SUN STUDIO EDITION
●アルバム ●コンピレーション
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3802
●曲順:3 ●バージョン:(B)
●表記:観覧車の夜
●英文名:記載なし
●バージョン名:complete version

アルバム・収録にあたって編集される前のロング・バージョン。
[77] THE SUN LIVE AT NHK HALL
●アルバム ●ライブ
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3803
●曲順:9 ●バージョン:(C)
●表記:観覧車の夜
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

2005年2月20日、東京・NHKホールで行われた「THE SUN TOUR」最終日のライブ。


[166] 恋しいわが家
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:7 ●バージョン:(A)
●表記:恋しいわが家
●英文名:The Homecoming
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。


[167] 明日を生きよう
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:9 ●バージョン:(A)
●表記:明日を生きよう
●英文名:Lost and Found
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。
[77] THE SUN LIVE AT NHK HALL
●アルバム ●ライブ
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3803
●曲順:12 ●バージョン:(B)
●表記:明日を生きよう
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

2005年2月20日、東京・NHKホールで行われた「THE SUN TOUR」最終日のライブ。


[168] レイナ
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:10 ●バージョン:(A)
●表記:レイナ
●英文名:Leyna
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。
[91] SOUND & VISION 1980-2010
●アルバム ●コンピレーション
●2012.5.16発売 ●Sony Music Direct ●DYCL 1821-5
●曲順:67(5-3) ●バージョン:(A)
●表記:レイナ
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。


[169] 遠い声
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:11 ●バージョン:(A)
●表記:遠い声
●英文名:Closer
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。


[170] DIG
[75] THE SUN
●アルバム ●オリジナル
●2004.7.21発売 ●DaisyMusic ●POCE-9380
●曲順:12 ●バージョン:(A)
●表記:DIG
●英文名:In our time
●バージョン名:記載なし

オリジナル・バージョン。
[77] THE SUN LIVE AT NHK HALL
●アルバム ●ライブ
●2005.12.7発売 ●DaisyMusic ●POCE-3803
●曲順:14 ●バージョン:(B)
●表記:DIG
●英文名:記載なし
●バージョン名:記載なし

2005年2月20日、東京・NHKホールで行われた「THE SUN TOUR」最終日のライブ。



Copyright Reserved
2006-2018 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com