logo GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004 (3)


→DISC ONE : GREATEST SONGS COLLECTION 1980-1984
→DISC TWO : GREATEST SONGS COLLECTION 1985-1992


DISC THREE : GREATEST SONGS COLLECTION 1993-2004


【track#01】
ザ・サークル
Radio edit version

■ アルバム「THE CIRCLE」収録
■ 1993.11.10初出(アルバム)
■ 原表記:The Circle
この辺からは発表からの経過年数が少ない(それでもこの曲で27年経っている…)ので、あまり別バージョンが存在せず素っ気ない記載になる曲も多いかも。

この曲は1993年のアルバム「THE CIRCLE」に収録された。

その後、翌年にリリースされたリミックス集「Dance Expression of THE CIRCLE」にアート・オブ・ボーイズによるリミックス・ロング・バージョンが収められている。

この曲の既発表のバリエーションはこの2つだけであり、その後のコンピレーションにもほぼ収録されていない。事前に発表されているバージョン名からすれば、今回のアルバムには未知のショート・バージョンが収められるようだ。


【track#02】
トゥモロウ
'99 mix version

■ アルバム「THE CIRCLE」収録
■ 1993.11.10初出(アルバム)
■ 原表記:Tomorrow
この曲は1993年リリースのオリジナル・アルバム「THE CIRCLE」の収録曲として発表された。

その後、翌年にリリースされたリミックス集「Dance Expression of THE CIRCLE」にアート・オブ・ボーイズによるリミックス・ロング・バージョンが収められている。

2000年にはコンピレーション「The 20th Anniversary Edition」に収録される際、アウトロのフェイド・アウトを早めるやり方で、アルバム収録のオリジナル・バージョンより1分ほど尺を縮めたショート・バージョンが制作されたが、この時にはリミックスは行われていない。

同じアルバムでリミックスされた曲には「'99 mix version」というバージョン名が付されているが、この曲のバージョン名は「Edited version」とのみ記されており、ミックスに手が加わっていないことが示唆されている(リミックスしたうえで編集もした曲には「'99 mix and edit version」というバージョン名が付いている)。

したがって今回の「'99 mix version」という表記はなぞだ。この曲は1999年には編集はされてもミックスされていないのだから。もしかしたらお蔵入りになったリミックスが聴けるのかもしれないが、リリースを待って検証が必要な曲のひとつだ。


【track#03】
エンジェル
Radio edit version

■ アルバム「THE CIRCLE」収録
■ 1993.11.10初出(アルバム)
■ 原表記:Angel
この曲も1993年リリースのアルバム「THE CIRCLE」の収録曲として発表された。翌年にリリースされたリミックス集「Dance Expression of THE CIRCLE」にアート・オブ・ボーイズによるリミックス・ロング・バージョンが収められている。

2012年のコンピレーション「SOUND & VISION」にも収められたがバージョンはオリジナルと同じで、これまでのところオリジナルとリミックス・ロング・バージョンの2つのバージョンしか発表されていない。

今回のアルバムでは「Radio edit version」とクレジットされているので、おそらくは新たに編集されたショート・バージョンが収められるものと思われる。まあ、オリジナルが6分半近くあるので縮めたくなるのもムリないかも。


【track#04】
レインガール
'99 mix version

■ アルバム「THE CIRCLE」収録
■ 1993.11.10初出(アルバム)
■ 原表記:Rain Girl
1993年リリースのアルバム「THE CIRCLE」の収録曲として発表された。アップ・テンポなポップ・ソングではあるがシングル・カットはされていない。翌年にリリースされたリミックス集「Dance Expression of THE CIRCLE」にアート・オブ・ボーイズによるリミックス・ロング・バージョンが収められた。

2000年にはコンピレーション「The 20th Anniversary Edition」に収録されたが、その際には渡辺省二郎によって再ミックスが行われ、また2コーラス目をまるまるカットする手法でオリジナルより1分半短く編集された。この時のバージョン名は「'99 mix and edited version」となっている。

その後、2011年には、セルフ・カバー・アルバム「月と専制君主」では、ワルツにアレンジされたアコースティック・バージョンでリテイクされた。2012年のコンピレーション「SOUND & VISION」にも収められたがバージョンはオリジナルと同じ。

今回のアルバムではバージョン名が「'99 mix version」となっているので、「The 20th Anniversary Edition」収録の再ミックス・バージョンが収録されるものと見られるが、バージョン名に「edit」のニュアンスが入っていないのが気になる。'99年に作成された再ミックス・バージョンが編集前のフル・サイズで収録されたりするとちょっと驚くが、まあそんなことはないだろう。


【track#05】
天国に続く芝生の丘
'00 mix version

■ アルバム「FRUITS」収録
■ 1996.7.1初出(アルバム)
1996年リリースのオリジナル・アルバム「FRUITS」収録曲。2000年リリースのコンピレーション・アルバム「GRASS」に再ミックス(バージョン名は「'00 mix version」)が収められており、今回のアルバムにはこのバージョンが収録されているものと思われる。

オリジナルではアルバムの次の収録曲『夏のピースハウスにて』へのブリッジとなっている部分が再ミックス・バージョンではカットされており、その分、15秒ほどオリジナルより短くなっている。ミックスそのものには一聴して分かる顕著な違いはないと思う。

この曲に関してはこれ以外のコンピレーションには収められていない。インストルメンタルの『夏のピースハウスにて』と合わせて、亡くなった母親へのレクイエムとなる曲であり、佐野自身によるブルース・ハープが印象的だ。


【track#06】
ヤア!ソウルボーイ
Original version

■ アルバム「FRUITS」収録
■ 1996.5.22初出(シングル)
■ 原表記:ヤァ!ソウルボーイ
オリジナル・バージョンと書いてあるのでオリジナルなんだと思うが、それでは1行で終わってしまうので一応振り返っておく。

この曲は1996年5月、アルバム「FRUITS」からの先行シングルとしてリリースされ、同じバージョンが7月発売のアルバムに収録された。

その後、「THE SINGLES EPIC YEARS」(2006年)、「SOUND & VISION」(2012年)にも収められているが、いずれも当初のシングルと同じオリジナル・バージョンである。

まあ、いずれにしてもコンパクトながら名曲であることは間違いないし、佐橋佳幸のギターが神なのも間違いない。HKBにおける佐橋のリードの中では文句なく最高の演奏(バンド結成前ではあるが)。なお、シングルにはカップリングでヒロ・ホズミによる「Up-Soul Version」が収められている。


【track#07】
経験の唄
Original version

■ アルバム「FRUITS」収録
■ 1995.11.1初出(シングル『十代の潜水生活』)
アルバム「FRUITS」からの先行シングルとして1995年11月にリリースされた『十代の潜水生活』のカップリング。翌年7月発売のアルバムに収録された。

その後は「The 20th Anniversary Edition」(2000年)、「SOUND & VISION」(2012年)に収録されたが、いずれも当初のシングルと同じバージョン。

結局、この曲は今のところオリジナル・バージョンただ一つだけが世に出ている状態で、今回のアルバムでもそうなるということのようだ。まあ、あんまりミックスをいじるような曲でもないということなんだろうな。


【track#08】
楽しい時
Original version

■ アルバム「FRUITS」収録
■ 1996.1.21初出(シングル)
1996年1月、アルバム「FRUITS」からの先行シングルとしてリリースされた。シングルにはオリジナル・バージョンの他、「千客万来バージョン」と「Instrumental」が収められた。同年7月には同じバージョンがアルバムに収められたが、その際には曲の終了後に短いバンジョーの演奏が追加されている。

その後、「The 20th Anniversary Edition」(2000年)、「THE SINGLES EPIC YEARS」(2006年)、「SOUND & VISION」(2012年)に収録されているがいずれも当初のシングルと同じオリジナル・バージョン。

今回のアルバムも同じくオリジナル・バージョンが収録されるものと思われる。


【track#09】
君の魂 大事な魂
Alternate version

■ アルバム「THE SUN」収録
■ 2003.12.17初出(シングル)
2003年12月、シングルとしてリリースされた後、翌年7月リリースのアルバム「THE SUN」に収録されたが、アルバム・バージョンの方がアウトロが長く、シングル・バージョンは一部を編集したショート・バージョンであったことが分かった。

その後、シングル・バージョンは「THE SINGLES EPIC YEARS」(2006年)、「SOUND & VISION」(2012年)に、アルバム・バージョンは「The Very Best」(2010年)に収録された。

今回のアルバムでは新しいバージョンが収録されると予め告知されている。


【track#10】
彼女の隣人
Radio edit version

■ アルバム「THE CIRCLE」収録
■ 1992.11.21初出(シングル)
1992年11月、シングルとして発表された。その後、翌年11月リリースのアルバム「THE CIRCLE」に収録されたが、シングル・バージョンとはミックスが異なる。

シングル・バージョンは「THE SINGLES EPIC YEARS」(2006年)、「SOUND & VISION」(2012年)に、アルバム・バージョンは「The 20th Anniversary Edition」(2000年)に収録された。

今回の事前告知では「Radio edit version」となっているが、シングル・バージョン、アルバム・バージョンともサイズは同じであり、これまでにショート・バージョンは知られていない。いずれかのバージョンを一部編集した新たなショート・バージョンになると思われる。


【track#11】
ヤング・フォーエバー
Original version

■ アルバム「THE BARN」収録
■ 1997.11.1初出(シングル)
1997年11月、アルバム「THE BARN」からの先行シングルとしてリリースされ、翌月発売のアルバムに同じバージョンがそのまま収められた。

翌年4月リリースのシングル『Doctor』のカップリングに新録のアコースティック・バージョンが収録されたが、それ以外の別バージョンはこれまで発表されていない。

The 20th Anniversary Edition」(2000年)、「THE SINGLES EPIC YEARS」(2006年)、「The Very Best」(2010年)、「SOUND & VISION」(2012年)などのコンピレーションに収められたがいずれもオリジナル・バージョン。

今回もオリジナル・バージョンが収録されるようだ。


【track#12】
ロックンロール・ハート
Radio edit version

■ アルバム「THE BARN」収録
■ 1997.12.1初出(アルバム)
アルバム「THE BARN」収録。その後、「The 20th Anniversary Edition」(2000年)、「SOUND & VISION」(2012年)に収録されたがいずれも同じオリジナル・バージョン。

今回のアルバムではショート・バージョンとの事前告知なので、新たに編集して尺を縮めたバージョンが収録されるのだろう。カットできる部分はそんなにないようにも思うが。


【track#13】
風の手のひらの上
Radio edit version

■ アルバム「THE BARN」収録
■ 1997.12.1初出(アルバム)
アルバム「THE BARN」収録。その後、「SOUND & VISION」(2012年)に収録されたが同じオリジナル・バージョン。

今回のアルバムではショート・バージョンとの事前告知なので、新たに編集して尺を縮めたバージョンが収録されるのだろう。この曲もどこをどう編集するのか難しそうだな。


【track#14】
希望
Original version

■ アルバム「THE SUN」収録
■ 2004.7.21初出(アルバム)
アルバム「THE SUN」収録。その後、「SOUND & VISION」(2012年)に収録されたが同じオリジナル・バージョン。

今回のアルバムでもオリジナル・バージョンがそのまま収録されるようだ。


【track#15】
月夜を往け
Original version

■ アルバム「THE SUN」収録
■ 2004.5.19初出(シングル)
2004年5月、アルバム「THE SUN」からの先行シングルとしてリリースされた。7月にアルバムに収められる際、改めてミックスがやり直されており、シングル・バージョンとは微妙に異なる。

その後、「THE SINGLES EPIC YEARS」(2006年)にシングル・バージョンが、「SOUND & VISION」(2012年)にはアルバム・バージョンが収められた。

今回のアルバムに収められる「Original version」がどちらを指すのかはっきりしないが、発表順から言えばシングル・バージョンがオリジナルのはず。リリースされてから確認しなきゃだけどここの聴き分けはかなり難易度が高い。


【track#16】
太陽
Alternate version

■ アルバム「THE SUN」収録
■ 2004.7.21初出(アルバム)
2004年7月リリースのアルバム「THE SUN」に収録されたナンバー。2012年のコンピレーション「SOUND & VISION」にも収録されているが同じオリジナル・バージョン。

今回のアルバムには新たにミックスされたバージョンが収録されると事前に告知されている。



Copyright Reserved
2020 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com