logo Orange Juice / Edwyn Collins




YOU CAN'T HIDE YOUR LOVE FOREVER
Orange Juice

Polydor
1982

■ Falling And Laughing
■ Untitled Melody
■ Wan Light
■ Tender Object
■ Dying Day
■ L.O.V.E. Love
■ Intuition Told Me, Pt.1
■ Upwards And Onwards
■ Satellite City
■ Three Cheers For Our Side
■ Consolation Prize
■ Felicity
■ In A Nutshell
アズテック・カメラ、ペイル・ファウンテンズと並ぶネオアコ御三家とウソを吹きこまれ、ほとんど情報もないままバンド名だけを頼りに中古屋を回ってCDを手に入れたのはいつごろのことだったか。ジャケットを見た時はあまりの爽やかさに「これこそネオアコの正道」と高まったが、実際聴いてみるとそこにあったのは何か思ってたのとは違うものだった。アコースティック・ギターの鮮烈なストロークを期待していたが完全に外された。

何だかよく分からないがベンベン鳴ってる調子っぱずれのギターにぬめぬめとした粘着質のボーカル。夜道で後ろから姿も見えず得体の知れない妖怪みたいな何かにひたひたと後をつけられているような不気味さ、怖さがこのバンドの第一印象だ。パンク的な態度とソウルのエッセンスをブッ込んだと言われればそうかもしれないが、それにしてもその統合の仕方が随分独特で、いわゆるブルー・アイド・ソウルのカッコよさとも違っている。

すくなくともネオ・アコースティックではないと今なら断言していいが、それなら何なのかと言われるとちょっと困る。ポスト・パンクの時期に花開いた、意気込みが先走った名前の付けようのない類の音楽のひとつなのは確かだが、これが時代のあだ花で終わらなかったのは、エドウィン・コリンズの確かなソングライティングの力以外の何者でもない。それにしてもジェイムズ・カークのギターが絶対チューニング狂ってて本当に最高だ。




RIP IT UP
Orange Juice

Polydor
1982

■ Rip It Up
■ A Million Pleading Faces
■ Mud In Your Eye
■ Turn Away
■ Breakfast Time
■ I Can't Help Myself
■ Flesh Of My Flesh
■ Louise Louise
■ Hokoyo
■ Tenterhook
オリジナル・メンバーでありファースト・アルバムで特徴的なギターを聴かせたジェイムズ・カークらがバンドを脱退、替わってマルコム・ロス(ギター、キーボード)とジーク・マニカ(ドラム)を加え制作されたセカンド・アルバム。マニカのドラムのおかげか、ファーストよりもソウルの影響がはっきりし、楽曲の構成やアレンジも整理されて、お洒落なブルー・アイド・ソウルだと誤解する人が出てきてもおかしくない出来になった。

冒頭に置かれたタイトル曲はいきなりシンセ・ベースで始まるなど大胆にキーボードを導入、曲によってはブラス・セクションをフィーチャーするなど、完成度は目に見えて上がっているし、タイトル曲は今ひとつ重たい感じのファンク・ポップだがどういう訳か全米トップ40に入るバンド最大のスマッシュ・ヒットになったという。他にも『A Million Pleading Face』『I Can't Help Myself』など耳に残るポップなナンバーも少なくない。

特にシングル・カットもされた『I Can't Help Myself』はモータウンへのオマージュとなる軽快なダンス・ナンバー。アルバム全体としてもエドウィン・コリンズのボーカルのクドさというかエグみみたいなものがおそらくは意図的に抑えられており、ポスト・パンク期にいろんなバンドが思い思いに繰り出した多彩な音楽的冒険の中でも記憶にとどめられるべき作品のひとつだと思う。まあ、それをネオアコと呼ぶかどうかは別にしても。




TEXAS FEVER
Orange Juice

Polydor
1984

■ Bridge
■ Craziest Feeling
■ Punch Drunk
■ The Day I Went Down To Texas
■ A Place In My Heart
■ A Sad Lament
デニス・ボヴェルをプロデューサーに迎えて制作した6曲入りのミニ・アルバム。フル・アルバムを作るつもりでスタジオ入りしたが、レコーディングの途中でエドウィン・コリンズ、ジーク・マニカのグループとマルコム・ロス、デヴィッド・マクリモントのグループの対立が激しくなり、結局アルバム1枚分のマテリアルを録ることができなかったとされている。結局本作リリース後にロスとマクリモントがバンドを脱退することになった。

どの曲もエドウィン・コリンズの達者なソングライティングでそれぞれしっかりしたポップ・ソングに仕上がっているが、いかんせんそれぞれの曲の向かう方向がバラバラで全体として寄せ集め感が否めない。前作で見せた「軽み」みたいなものはどこかに消え去り、この人たちがガッツリと作品に取り組むとやっぱりこうなるという影のある暗めの曲想と、一片の爽やかさも感じさせないコリンズのクドいボーカルが耳にまとわりつく感じ。

もちろんそれこそがオレンジ・ジュースであり、そこに中毒性があるのは間違いがないのだが、バンドとしての方向性みたいなものは失われつつあり、結局のところエドウィン・コリンズがいればそれがオレンジ・ジュースみたいなソロ・プロジェクト的なものへの移行期であることを感じさせる。演奏はしっかりして特にリズムがコリンズのソウル志向を支えているが、ヨレたヘナチョコ・ポップからは遠いところに来てしまった感がある。




THE ORANGE JUICE
Orange Juice

Polydor
1984

■ Lean Period
■ I Guess I'm Just A Little Too Sensitive
■ Burning Desire
■ Scaremonger
■ The Artisans
■ What Presence?!
■ Out For The Count
■ Get While The Getting Good
■ All That Ever Mattered
■ Salmon Fishing In New York
マルコム・ロスとデヴィッド・マクリモントがバンドを脱退、エドウィン・コリンズとジーク・マニカの2人になって制作したバンドとして最後のアルバム。デニス・ボヴェルの他、ウィル・ゴスリング、フィル・ソーナリーらがプロデュースを手がけている。ギターとドラムの二人組ということでバンドというよりは限りなくエドウィン・コリンズのソロであり、実際、次作からのソロ・キャリアへの架橋となる作品として聴くべきだろう。

それでもまだデビュー作からのオレンジ・ジュースとしてのトライアルの連続性を感じさせるのは、我流ではあるもののソウル・ミュージックへのリスペクトをベースにしたコリンズのポップなソングライティングがあるからだろう。ちょっと他には類例のない特異なアプローチでポスト・パンクの余白に名前を書きこんだこのバンドが、曲がりなりにも今日まで記憶されているのは、曲が普通にいいということに尽きるというと話が終わる。

ここではよりベタなソウル、R&Bへの傾倒が強まり、コリンズのコクのあるボーカルもぬめぬめとナメクジが這った後のような不気味な湿り具合で気持ち悪いが、既にここまで2枚半のアルバムで耐性ができてしまった者にとっては美味しく感じられてしまうのが怖い。発酵食品はクセになるというがこの臭みがオレンジ・ジュースというバンドの本質で、新鮮なイカは塩辛にするとまた格別の味になる。猛者なら白メシ何杯でも行ける臭さだ。




HOPE AND DESPAIR
Edwyn Collins

Demon
1989

■ Coffee Table Song
■ 50 Shades Of Blue
■ You're Better Than You Know
■ Pushing It To The Back Of My Mind
■ If Ever You're Ready
■ Darling, They Want It All
■ The Wheels Of Love
■ The Beginning Of The End
■ The Measure Of The Man
■ Testing Time
■ Let Me Put My Arms Around You
■ The Wide Eyed Child In Me
■ Ghost Of A Chance
■ Hape And Despair









HELLBENT ON COMPROMISE
Edwyn Collins

Demon
1990

■ Means To An End
■ You Poor Deluded Fool
■ It Might As Well Be You
■ Take Care Of Yourself
■ Graciously
■ Someone Else Besides
■ My Girl Has Gone
■ Now That It's Love
■ Everything And More
■ What's The Big Idea?
■ Time Of The Preacher / Long Time Gone









GORGEOUS GEORGE
Edwyn Collins

Setanta
1994

■ The Campaign For Real Rock
■ A Girl Like You
■ Low Expectations
■ Out Of This World
■ If You Could Love Me
■ North Of Heaven
■ Gorgeous George
■ It's Right In Front Of You
■ Make Me Feel Again
■ I've Got It Bad
■ Subsidence









I'M NOT FOLLOWING YOU
Edwyn Collins

Setanta
1997

■ It's A Steal
■ The Magic Piper
■ Seventies Night
■ No One Waved Goodbye
■ Downer
■ Who Is it?
■ Running Away With Myself
■ Country Rock
■ For The Rest Of My Life
■ Superficial Cat
■ Adidas World
■ I'm Not Following You









DOCTOR SYNTAX
Edwyn Collins

Setanta
2001

■ Never Felt Like This
■ Sould've Done That
■ Mine Is At
■ No Idea
■ The Beatles
■ Back To The Back Room
■ Splitting Up
■ Johnny Teardrop
■ 20 Years Too Late
■ It's A Funny Thing
■ Calling On You









HOME AGAIN
Edwyn Collins

Heavenly
2007

■ One Is A Lonely Number
■ Home Again
■ You'll Never Know (My Love)
■ 7th Son
■ Leviathan
■ It's In Your Heart
■ Superstar Talking Blues
■ Liberteenage Rag
■ A Heavy Sigh
■ Written In Stone
■ One Track Mind
■ Then I Cried









LOSING SLEEP
Edwyn Collins

Heavenly
2010

■ Loosing Sleep
■ What Is My Role?
■ Do It Again
■ Humble
■ Come Tomorrow, Come Today
■ Bored
■ In Your Eyes
■ I Still Believe In You
■ Over The Hill
■ It Dawns On Me
■ All My Days
■ Searching For The Truth









UNDERSTATED
Edwyn Collins

AED
2013

■ Dilemna
■ Baby Jean
■ Carry On, Carry On
■ 31 Years
■ It's A Reason
■ Too Bad (That's Sad)
■ Down The Line
■ Forsooth
■ In The Now
■ Understated
■ Lve's Been Good To Me









BADBEA
Edwyn Collins

AED
2019

■ It's All About You
■ In The Morning
■ I Guess We Were Young
■ It All Makes Sense To Me
■ Out Side
■ Glasgow To London
■ Tensions Rising
■ Beauty
■ I Want You
■ I'm OK Jack
■ Sparks The Spark
■ Badbea








Copyright Reserved
2021 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com