logo 12インチ・シングル


TONIGHT
 (Special Extended Club Mix)

TONIGHT
 (Instrumental)


 ●1984.4.21発売 (12・3H-118)
●オリジナルバージョンはアルバム「VISITORS」に収録。
●当時ニューヨークで流行しつつあったダンスミックスの手法を12インチシングルというメディアとともに日本に持ち込んだ先駆的なリリースであった。具体的にはクラブのフロアで流されることを前提にパーカッションを強調、ノンストップで踊れるように編集によってサイズを延ばしたリミックスである。ミックスはジョン・ポトカー。
●B面はミックスが12インチ、サイズが7インチのインストルメンタル。
●尚、「TONIGHT (Special Extended Club Mix)」は後に発売されたアナログ2枚組のコンピレーション「Club Mix Collection 1984-1999」に収録された他、「VISITORS 20th Anniversary Edition」のボーナストラックとしてCD化された。B面のインストは未CD化。
COMPLICATION SHAKEDOWN
 (Special Extended Club Mix)

WILD ON THE STREET
 (Special Extended Club Mix)


 ●1984.6.21発売 (12・3H-130)
●両面ともオリジナルバージョンはアルバム「VISITORS」に収録。
●「COMPLICATION SHAKEDOWN」ではジョン・ポトカーのミックスが成功しており、むしろこのミックスが本来のテイクという感じすらする。間奏にテレビの音声を取り込むなど実験的な試みも行われている。
●尚、この曲はアメリカ他でも12インチシングルで発売された。また、両面ともに後に発売されたアナログ2枚組のコンピレーション「Club Mix Collection 1984-1999」に収録された他、「VISITORS 20th Anniversary Edition」のボーナストラックとしてCD化された。
Young Bloods
 (Special Dance Mix)

Young Bloods
 (7 inch Version N.Y. Mix)

Young Bloods
 (Instrumental)


 ●1985.3.21発売 (12・3H-158)
●オリジナルバージョンはアルバム「Cafe Bohemia」に収録。
●ジャック・ヌーバーによるリミックス。キーボードを追加レコーディングし大々的にフィーチャーしているが曲として成功しているとは言い難い。もともとマテリアルとしてダンスミックスに不向きな曲ではなかったかと思う。
●B面はダンスミックスの7インチサイズとそのインストルメンタル。この12インチに収録された音源はいずれもCD化されていない。
CHRISTMAS TIME IN BLUE
  聖なる夜に口笛吹いて
 (Vocal/Extended Dub Mix)

CHRISTMAS TIME IN BLUE
 (Vocal/Original Version)

CHRISTMAS TIME IN BLUE
 (Instrumental/Orchestra Version)


 ●1985.11.21発売 ESCB 1702
●クリスマス・シングルとしてリリースされたもので、後に5インチのCDシングルとしても再発されている。
●オリジナル・バージョンはアルバム「Cafe Bohemia」に収録。A-1のダブ・ミックスとB-2のインストはシングルでしか聴けないものである。
99 BLUES
 (Extended mix)

月と専制君主
 (Extended mix)


 ●1987.6.3発売 (12・3H-290)
●両面ともオリジナルバージョンはアルバム「Cafe Bohemia」に収録。
●A面はジョン・ポトカー、B面はナイジェル・グレイのリミックス。
●尚、「99 BLUES (Extended mix)」は後に発売されたアナログ2枚組のコンピレーション「Club Mix Collection 1984-1999」に収録された。両面とも未CD化。
インディビジュアリスト
 (Extended Mix)

インディビジュアリスト
 (Dub Mix)

インディビジュアリスト
 (Live Version)


 ●1987.11.21発売 (12・3H-320)
●オリジナルバージョンはアルバム「Cafe Bohemia」に収録。
●「Extended Mix」と「Dub Mix」はともにジョン・ポトカーのリミックス。ライブは87年5月の渋谷公会堂でのテイクで、後にライブアルバム「HEARTLAND」に収録されたものと同一。
●尚、「インディビジュアリスト (Extended Mix)」は後に発売されたアナログ2枚組のコンピレーション「Club Mix Collection 1984-1999」に収録された。「Extended Mix」と「Dub Mix」は未CD化。
 
COMPLICATION SHAKEDOWN
WILD ON THE STREET
COME SHINING

 ●1984発売 (49.05076) EPIC
●米国でリリースされた12インチシングル。
●「COMPLICATION SHAKEDOWN」は国内盤12インチと同じクラブミックス、「WILD ON THE STREET」と「COME SHINING」はアルバム「VISITORS」収録のオリジナルバージョンだが、「COME SHINING」は曲途中でフェイドアウトしている。ジャケットは黒いコートを着て紙袋を抱えた佐野が地下道のようなところから出てくるところの写真で、中袋は輸入盤によくある白い紙製である。アーティスト名義は「MOTO SANO」。


海外でのリリースについて

「COMPLICATION SHAKEDOWN」の米国以外でのリリースについては僕も手許で現物が確認できず、おそらくは米国盤と同様の仕様であろうと推測していたが、少なくとも米国盤とは仕様の違う英国盤が存在するらしい。英国盤は収録曲が国内盤と同じ2曲で45回転(米国盤は33回転)、ジャケットは青を基調とした簡単なもので、アーティスト名義はやはり「MOTO SANO」、規格番号はTA-4476(佐藤隆行さんが公式ウェブに書き込まれた情報より)。

英国盤については「ジャケットは青色、というか青緑色で、日本盤と同じように中央がくり抜かれていて、その上部に大きなEpicのロゴ、下部には『12”SINGLE』(どちらも黄色字)と書かれていて、MOTO SANO専用ではなくいろんなアーティストと兼用と思われるものです。裏面も同様で、イギリス盤の証として、『London』など、レコード会社の地名の記載があります。紙質はジャケットとしてはかなり薄く、むしろインナースリーブに近い位の薄さです。品番はTA4476、収録曲は日本盤と同様です。レコード盤のラベルは水色っぽい、いかにもEpicらしいもので、『MADE IN ENGLAND』などの記載があります」(匿名のロバさんより 2006.1.23)との情報もいただいた。

この他にもオランダなどでリリースされている等の情報を聞いた記憶があり、今後も情報の収集を続けて行くつもりだが、この12インチシングルの海外リリースについて何かご存知の方がいらっしゃったら是非教えていただきたい。



Copyright Reserved
1997-2006 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com